今飲んでいる薬は本当に必要ですか?

赤ちゃんの寝かしつけが大変!放置する方法があるけど大丈夫なの?

たかふみ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る

赤ちゃんが生まれて初めて、

「赤ちゃんってこんなに寝かしつけが大変なの?!」

とびっくりしたお母さんも多いことでしょう。

 

私自身も、おっぱいを飲めば寝るだろう、と安直に考えていたので、

寝かしつけの大変さには本当に苦労したものです。

 

でも、つきっきりで寝かしつけるのは、

とても大変です。

 

そこを発想の転換で、

放置して寝かせる方法があるって知ってましたか?

 

今回は、赤ちゃんの寝かしつけに苦労しているお母さんのために、

放置するという方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんを放置して寝かせるのは「放棄」ではない

 

「放置する」というと、ほったらかしにしたら育児放棄にならない?

と心配になるかもしれませんね。

 

でも、「放棄」ではないんです。

 

ちゃんと赤ちゃんのケアをしながらも、

抱っこや授乳をしない、という方法なんですよ!

 

①毎日、決まった時間に赤ちゃんをベッドやお布団に入れて、部屋を赤ちゃんだけにする

②泣いても、しばらくはそのままで一人にし、泣き止まない場合はそばに行って声だけをかける

③この時に、抱っこをしない

④様子が落ち着いたら、そっと部屋を出る

⑤少しずつ、赤ちゃんが泣いてから部屋に入るまでの間隔を、延ばしていく

 

この方法は、主に欧米を中心に取り入れられています。

 

部屋に赤ちゃんを一人にして、

後は知らんぷりをするというわけではありません。

 

ベビーモニターなどでこまめに様子を確認する必要がありますし、

声をかけてあやしたりもします。

 

あまりに泣くようでしたら、

軽くトントンしたり、そばでしばらく声をかけ続けましょう。

 

でも、赤ちゃんが「泣く=抱っこ」だと覚えてしまうので、

この時はできるだけ抱っこをするのは避けましょうね。

 

寝かしつける前に入眠儀式を取り入れよう

 

授乳やだっこをしないと赤ちゃんは寝ない、というわけではありません。

 

その方法だと、どうしてスムーズに寝るのかというと、

赤ちゃんは「授乳や抱っこをすると寝る時間」だと覚えているからなんですね。

 

それなら、何もしないでいると、

それが寝る時間だと自然と覚えていきます。

 

そして、昼間も寝る前にも、

しっかりスキンシップを取るようにしましょう。

 

お母さんとの触れ合いがたっぷりあれば、

赤ちゃんが一人になっても、それほど不安は感じないと思います。

 

ポイントとしては、

眠る前の儀式のようなものを決めておくと良いでしょう。

 

例えば、

・子守唄を歌う

・マッサージをする

・お気に入りのぬいぐるみなどをそばに置く

などは、どれもわが家で実践していました。

 

赤ちゃんは背中を撫でてあげると安心する、と聞いたので、

寝る前に毎晩、下の子どもの背中を撫でるようにしたんですね。

 

そうしたら、上の子どもも「やって欲しい」とねだったので、

結局二人分、背中を撫でさする羽目になりました。

 

また、眠る前の環境を整えることも大切です。

 

寝かせる時に、

・明かりがついていてまぶしい

・そばでテレビやパソコンがついている

・暑すぎたり、寒かったりする

・スマホなどから音がしている

などの条件に当てはまっていると、なかなか寝付けませんよ。

 

わが家でも、寝に来た夫が寝室でスマホをいじって音を出していたので、

しょっちゅう消すか部屋から出て欲しいと頼んでいました。

 

人の苦労も知らないで!と、腹が立ちましたよ。

 

スポンサーリンク

泣いてもすぐには抱っこしない

 

放置する方法を始めても、赤ちゃんはすぐには慣れてくれません。

最初の数日はギャン泣きで、心も折れそうになると思います。

 

でもそこをグッとこらえて、

すぐに抱っこをするのは待ちましょう。

 

慣れてしまえば、

赤ちゃんは案外普通に寝られるようになるんですよ。

 

放置する方法ではありませんが、

私も似たような経験をしました。

 

わが家の子どもは完全母乳で、寝かしつけにも授乳をしていたんですが、

とにかく夜泣きがひどかったんですね。

 

夜泣きがかなり長期間だったので、私もへとへとでした。

 

藁にもすがる思いで、

思い切って断乳を決めたんです。

 

十分卒乳できる時期だったんですけど、

「授乳しないとスムーズに寝てくれない」と思い込んでいたんですね。

 

最初の一週間は、本当に大変で、

何度も授乳を再開しようかと悩みましたが、グッとこらえました。

 

そうしたら、一週間が過ぎるころには、

すんなりと寝るようになりましたよ。

 

ただ、知っておいてほしいのは、

寝る前に抱っこや授乳をするのが悪い、というわけではないんです。

 

お母さんと赤ちゃんの触れ合いの一つとして、

私はとても良い事だと思っています。

 

ただ、赤ちゃんが1歳を過ぎると、体重もグンと増えますよね。

ずっと抱っこをし続けるには無理が出てきます。

 

腕だって痛いし、腱鞘炎になったりもします。

私も実際、左手首が腱鞘炎になりました。

 

授乳だって、いつまでもできるものではありません。

 

なので、お母さんの負担を減らす方法の一つ、という風に、

捉えておいてくださいね。

 

まとめ

赤ちゃんを寝かしつけるのに、放置する方法があるって聞いたら、どんな方法か気になりますよね?

・赤ちゃんを一人で寝かせて、抱っこや授乳をしないだけで、きちんと見守るようにする

・寝る前の儀式を決めておけば、イコール寝る時間だと分かりやすくなる

・泣いても、すぐには抱っこしない

 

育児にはいろんな方法があります。

そして、試行錯誤の連続です。

 

もし、この方法が使えそうだなと思ったら、

ぜひ試してみてくださいね。

 
おすすめ記事です↓↓↓
 
 
 
 
 
PS.
管理人のたかふみです。
 
20年間飲み続けた病院の薬が覚せい剤レベルでヤバいことを知りました。
ヤバいと思って健康について猛勉強したら、
日本にはウソの健康常識がはびこっていることが分かりました。
 
この事実、信じたくなかった...
でも本当だったんです。
 
例えば牛乳は飲んじゃダメ。
発ガン性や骨折のリスクがあるんです。
 
本当の健康情報について詳しくはメルマガの中で語っているので
良かったら登録していただければと思います。
 

★★★メルマガ登録はこちら★★★

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食事を変えると人生変わる , 2019 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status