今飲んでいる薬は本当に必要ですか?

パキラの葉が変色!その原因と初心者でも上手に育てる3つのポイント!

たかふみ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る

観葉植物の中でも、

比較的育てやすく人気のあるパキラ

 

これから大切に育てようとしていたある日!

パキラの葉が変色したり

枯れてしまったりしたらショックですよね。

 

もう復活できないの?

とお困りのあなた!

 

大丈夫です。

まだ間に合いますよ!

 

今回は、パキラの葉が変色する原因と、

初心者でも上手に育てるポイントを教えます!

 

スポンサーリンク

変色の原因をチェックしよう!

 

パキラは強く、育てやすい植物として知られていますが、

観葉植物初心者の私にとっては

意外と手の掛かる子だと思いました!

 

でも愛情を持って育てれば、

多少手が掛かっても可愛いと思えてきますよ。

 

以下がパキラの葉が変色してしまう主な原因です。

 

1、水分調整不足

パキラは水分不足や水分過多などで

葉が枯れてしまう事があります。

 

水分不足の場合、

土が乾いていることが多いので、

まずは土の状態をチェックしましょう。

 

砕石のような物で表面を化粧している場合は、

土の乾燥具合が見えないので

割り箸を使うと良いですよ!

 

割り箸を土に挿しておき、時々抜いて、

湿り気具合で乾燥しているかどうか見極められます。

 

水分過多の場合は、

根腐れを起こしている場合があります。

 

幹を触ってみて、

柔らかくなっていたら

根腐れを起こしている可能性があります。

 

水のやり過ぎや

水はけが悪かったりすると、

根が呼吸できず腐ってしまいます。

 

健康な幹は硬く・簡単には折れませんが、

根腐れをした幹はぶよぶよしたりスカスカしたり、

崩れてしまう事もあるようです。

 

水のあげすぎ、あげなさすぎも良くないんですね!

程良い加減が大事だということが分かりました。

 

2、日光不足

日光不足になると、

茎が細くひょろひょろと伸び、

下の葉から枯れ始めます。

 

冬場は夏ほど日が強くないので、

直射日光に当てるなどの対策をしましょう!

 

また、パキラは熱帯地方の植物のため、

冬は窓際に置いたままだと

寒くなって元気がなくなってしまいます。

 

部屋の真ん中など

暖かい場所に配置するなどの工夫をしましょう。

 

家族の一員のように、

寒い時は一緒に暖を取るイメージで

移動してあげると良いですね!

 

3、害虫発生

ハダ二やアリなどの害虫の発生によって

葉が変色する事があります。

 

害虫が発生した場合は、

柔らかい布などで拭き取ったり、

霧吹きで葉に水をかけたり、殺虫剤などで駆除をします。

 

パキラは樹液を出すので、

アリが発生する事もあるんですね。

 

土植えの場合は、

鉢の中に巣を作る事もあるので注意が必要です。

 

パキラを上手に育てる方法

1、水やりのタイミングに気をつける

土が乾いたらたっぷりと水を与え、

受け皿に水を溜めたままにしないようにしましょう。

 

水やりのタイミングは、

表面がサラサラしていて、

土の表面や土の中が

指で触っても湿っていない状態の時です。

 

土をしっかりと乾かしてから水やりをする事が、

パキラの根を健康に育てるポイントです。

 

鉢底から水が流れてくるまでたっぷりと与えたら、

溜まった水はすぐに捨てましょうね。

 

この水を捨てずにいると、

根腐れの原因となってしまいますのでご注意を。

 

2、日光に当てる

パキラには耐陰性があるため、

あまり光が届かず、

蛍光灯しかない場所でも育つことができます。

 

真夏の場合は直射日光を避けて

レースのカーテン越しから、

一日5時間以上は日光に当てるようにしましょう。

 

冬場は夏ほど日差しが強くないので、

時々外に出して直射日光に当てるのも良いと思います。

 

この時、葉が焼けてしまわないように注意をして下さいね。

 

3、風通しの良い場所に配置する

風通しが悪く、

空気の流れが悪いところに置くと、

上手に育てる事ができません。

 

葉が密集しすぎても

風の通りが悪くなってしまうので、

増えすぎた葉は時々剪定して

風通しを良くしてあげましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

熱帯地域の育てやすい植物として有名なパキラですが、

四季のある日本では、季節に応じて

水分調節や日光不足などに気を付ける必要がありそうです。

 

サボテンのように何もしなくても枯れない植物かと思いきや、

冬場の配置や日光量などに気を配らなくてはいけないところが、

程よくかまってちゃんみたいで可愛いですね。

 

定期的に剪定をする事で葉の風通しも良くなるので、

ぜひ楽しみながらお世話をしていって下さいね。

 
おすすめ記事です↓↓↓
 
 
 
 
 
PS.
管理人のたかふみです。
 
20年間飲み続けた病院の薬が覚せい剤レベルでヤバいことを知りました。
ヤバいと思って健康について猛勉強したら、
日本にはウソの健康常識がはびこっていることが分かりました。
 
この事実、信じたくなかった...
でも本当だったんです。
 
例えば牛乳は飲んじゃダメ。
発ガン性や骨折のリスクがあるんです。
 
本当の健康情報について詳しくはメルマガの中で語っているので
良かったら登録していただければと思います。
 

★★★メルマガ登録はこちら★★★

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食事を変えると人生変わる , 2018 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status