今飲んでいる薬は本当に必要ですか?

おみくじの順番と末、大吉の意味は?おみくじに関する色々を紹介!

たかふみ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る

初詣といったらおみくじですよね!

 

初詣でなくとも、神社に行ったら

おみくじって引きたくなりますね。

 

そこで、おみくじの順番や、

末吉、大吉の意味などご紹介したいと思います。

 

次回、神社に行く際に参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

おみくじの順番は?

おみくじの順番って神社の宗派などによって、

微妙に違うんですよ。

 

特に真ん中の「末吉、小吉」なんて

少し曖昧になっているかも…

 

神社本庁公式の、『神道いろは』には

「大吉、吉、中吉、小吉、末吉、凶、大凶」と記してあります。

 

なので、スタンダードは

この順番という認識で良さそうですね。

 

しかし、いくつかの神社では細分化され、

大吉、中吉、小吉、吉、半吉、末吉、末小吉、凶、半凶、末凶、大凶

という区分もなされています。

 

後半の運勢にかけて「半」とあり、

中間の運勢を意味しているようですね。

 

曖昧なのが「末小吉」なにそれ?

 

単純に吉の中で一番よろしくない吉のことですが、

とっても分かりにくい表記だと思いませんか?

 

小吉と末吉が曖昧になる原因はこれだったんですね。(笑)

 

まあ、引く確率は3%程度なので

あまり意識しなくても良いかもしれません。

 

おみくじの意味

おみくじは、運勢をくじ引きによって決める一種の占いです。

 

戦国時代は、戦の日取りなどを決める

重要な役割として用いられていましたが、

現代では娯楽化している部分もあるので、

気楽に引けるところがありますよね。

 

しかも、ご丁寧に

「健康、仕事、恋愛、引っ越し、出産、交渉、失せ物…」

などジャンル分けされてあります。

 

そのジャンルごとに、大吉→大凶にかけて

良くない結果になっているのがおみくじです。

 

スポンサーリンク

結びかけする派、しない派

 

子供の頃から、おみくじをすると

神社の敷地内の枝に括って帰ることが習慣になっていました。

 

皆やっているし、

捨てるのもなんだか忍びないです。

 

もともとこの風習は

江戸時代に恋愛の「縁を結ぶ」という意味合いで行われ、

その後「神と縁を結ぶ」という意味になったそうです。

 

悪い運勢が出たら

「結んどけばおまじないになる」

なんていう友達がいましたが、

まああながち間違いではないですね。

 

私もずっと結んできましたが、

ここ何年かはどんな運勢が出ても持ち帰ることにしています。

 

というのも、一年のはじめにおみくじを引くことが多いので、

「戒め」ではないですが、

いつでも読んで行動を振り返ることにしているんです。

 

なので、基本的に財布に入れたり、

手帳、手帳型のスマホケースに入れたりして持ち歩いています。

 

毎日読んで、忠実に行動なんてしませんが、

たまに思い出して軽い指針のような気持ちで読んでいます。

 

そして1年経ったら、神社に行って枝に結ぶか、

年末の焚き火をしている神社で燃やします。

 

これも別に同じ神社ではないです。

その年行ったところで、処分します。

 

「神道はみんな結局繋がってるし、いっか〜」

という気軽な気持ちです。

 

ちなみに正しい結び方とかもあります。

 

おみくじの「待ち人」とは?

おみくじで検索したらびっくり!

「待ち人」が検索ワードの上位に来ていました。

なんでだろう?

 

待ち人って、イメージ的にはこれからできる恋人や、友達、

以前交流していた知人との再会って感じですよね。

 

それらは間違いではありません。

 

しかし、待ち人とは

「今後の自分の人生を良い方向に導く人」

という意味だそうです。

 

なので、特定の異性などではなく、

けっこう広い意味で考えてOKということですね。

 

まとめ

1、小末吉は一番悪い吉

2、持ち歩いて開運UP

3、待ち人の意味

 

ぜひ参考にして、

おみくじを引いてみてください。

 

凶が出ても、落ち込まず

「これより悪いことは起きない」

という気持ちで過ごしましょう。

 
おすすめ記事です↓↓↓
 
 
 
 
 
PS.
管理人のたかふみです。
 
20年間飲み続けた病院の薬が覚せい剤レベルでヤバいことを知りました。
ヤバいと思って健康について猛勉強したら、
日本にはウソの健康常識がはびこっていることが分かりました。
 
この事実、信じたくなかった...
でも本当だったんです。
 
例えば牛乳は飲んじゃダメ。
発ガン性や骨折のリスクがあるんです。
 
本当の健康情報について詳しくはメルマガの中で語っているので
良かったら登録していただければと思います。
 

★★★メルマガ登録はこちら★★★

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食事を変えると人生変わる , 2018 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status