今飲んでいる薬は本当に必要ですか?

旦那がゲーム依存!?離婚を考える前に試して欲しい対処法!

たかふみ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る

家事や育児に追われて忙しくしているのに、

旦那がのんきにゲームをしている姿を見ると、

ついイラッとしてしまいますよね!

 

これを読んでいる方の中には、

旦那さんに注意をしても聞き入れてくれなかったり、

逆ギレをされた方も多いのではないでしょうか。

 

ゲームにハマるのがいっときであれば問題ありませんが、

これが半年、1年以上となってくると、夫婦生活に支障をきたす大問題です。

 

最近は旦那のゲーム依存が原因で、真剣に離婚を考える夫婦も増えています。

 

今回は、最悪の展開になる前に旦那のゲーム依存の対処法についてお話します。

 

スポンサーリンク

ゲーム依存症は終わりのないゲームにのめりこんでしまっている

ゲーム依存症とは、普段の生活が破綻するほどの、

持続的で反復的なゲームへののめり込みを示す症状です。

 

近年は子どもだけでなく、旦那のゲーム依存で夫婦の会話がなくなり

離婚に至った、と言う声を耳にします。

 

それでなくとも、

 

「うちの旦那は仕事から帰ってくるとずーっとゲーム。

 夫婦の会話なんてしばらくしてないわ!」

 

という声もチラホラ聞こえてくるほど身近な問題になっています。

 

昔のゲームはクリアしたら終わりでしたが、今は違います。

 

最近は、専用の機械がなくてもスマホでダウンロードでき、

今までゲームをしたことがなかった人でも簡単にできるようになりました。

 

ゲームの作り手も、プレイヤーに飽きられないように新要素を追加したり、

課金をする事で特別な世界を用意したりと、定期的なメンテナンスをしています。

 

これにより、終わりがないゲームの世界にのめり込んでしまうのです。

 

疲れたから休憩しよう、明日は仕事だからもうやめよう。

と、気分転換やストレス発散程度にとどまれば良いのですが、

このままではいけないと思いながらもやめられないという方は要注意。

 

アルコール依存症や薬物依存症の方と同じ心理状態になっています。

 

軽い気持ちで始めたゲームにのめり込み、

気づいたらやめられなくなっている状況になってしまいます。

 

ゲーム依存の原因は脳の快楽成分にあった!

ゲーム依存になってしまう原因は、脳の快楽成分「ドーパミン」にあります。

 

ゲームはプレイヤーの脳を強く刺激するように作られている為、

脳が興奮状態となり、ドーパミンが大量に分泌されます。

 

ドーパミンが放出されることで、ポジティブな感情(楽しい・幸せ…など)が沸き、

ゲームに深く集中するようになってしまいます。

 

いったんやめてもまたすぐゲームがしたくなるのは、

健康を維持するためのバランスを調節する成分(ホメオスタシス)が、

過剰に分泌されているドーパミンの量を抑えるからです。

 

しかし、大量にあったドーパミンがなくなると、

脳は「ドーパミンが不足している!」と警告を発し、

ドーパミンを促そうとするのです。

 

その結果、ゲームの刺激を求めて

次第に依存症になってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

 

スポンサーリンク

旦那のゲーム依存を止める方法はお出かけ

子どもがゲーム依存になった場合は、

親が時間やゲーム機を管理すれば改善が見込まれるでしょう。

 

しかし、大人がゲーム依存になった場合、

特に旦那さんが依存した場合はやっかいですよね。

 

注意をしても、

 

「仕事でストレスが溜まっているんだからゲームくらいゆっくりさせろ!」

 

と逆ギレする、いつの間にか課金をして家計を圧迫する、

などということも少なくありません。

 

課金はどうかと思いますが、確かに

ゲームに集中して無心になりたいという気持ちもわからなくありません。

 

そんな時は、いきなり全てを否定しないようにしましょう。

 

お仕事が大変だから、何かに集中したくなってしまうんだよね。

という、ある意味子どもに話すような目線で接してみて下さい。

 

その上で、どうしたらお互いが快く生活できるか、話し合ってみて下さい。

 

話し合いにならないのなら、思い切ってお出かけしようと提案してみるのも一つの策です。

 

家にいるからゲームをしたくなるのかもしれません。

 

この場合、ショッピングよりも公園やバッティングセンター、ボーリングなどの

体を動かす事に誘う方が良いかと思います。

 

体を動かしている間はゲームができませんからね!

 

ショッピングが好きな旦那さんは良いですが、

女性の買い物に付き合うのが好きな男性ってなかなかいませんよね。

 

万が一ゲーム機のコーナーを見つけてしまったら逆効果です。

 

また、旦那さんが車を運転できるなら、ドライブに出かけるのも良いですね!

 

運転している間は携帯見れませんから。

 

行き先は、なるべく自然がいっぱいのところが良いかと思います。

海・山・川・湖など。

 

ドライブ中に夫婦の会話もできますし、

自然に癒やされることで旦那さんもリフレッシュできるのではないでしょうか。

 

自然の色は目に優しいと言いますし、

ゲームばかりの旦那さんの疲れ目もきっと良くなるはずです。

 

子どもがいるご家庭なら、子ども達にも喜んで貰えて一石二鳥です!

 

旦那さんを外に連れ出す、ゲーム以外の趣味を見つけてあげる事で、

奥さんのイライラも解消。少しずつ夫婦の会話も増えるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

・ゲーム依存症とは、普段の生活が破綻するほどの、

 持続的で反復的なゲームへののめり込みを示す症状のこと。

 

・ゲームに熱中するとドーパミンが過剰に分泌され、

 脳が更なる刺激を求めて次第に依存症になってしまう。

 

・旦那のゲーム依存で離婚を考える前に、なるべくゲームができない状況をつくったり、

 ゲーム以外の趣味を一緒に見つけてあげると良い。

 

コミュニケーションが不足すると、相手の事を思いやる気持ちも薄れてきますが、

ゲームの手を止めて夫婦の会話ができるよう工夫をしてみて下さいね。

 

コミュニケーションがとれれば、離婚危機も回避できるはずです。

 

もとの旦那さんを取り戻せますように、応援しています!

 

 
おすすめ記事です↓↓↓
 
 
 
 
 
PS.
管理人のたかふみです。
 
20年間飲み続けた病院の薬が覚せい剤レベルでヤバいことを知りました。
ヤバいと思って健康について猛勉強したら、
日本にはウソの健康常識がはびこっていることが分かりました。
 
この事実、信じたくなかった...
でも本当だったんです。
 
例えば牛乳は飲んじゃダメ。
発ガン性や骨折のリスクがあるんです。
 
本当の健康情報について詳しくはメルマガの中で語っているので
良かったら登録していただければと思います。
 

★★★メルマガ登録はこちら★★★

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食事を変えると人生変わる , 2018 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status