今飲んでいる薬は本当に必要ですか?

赤ちゃんの髪の毛が多いのは何故?心配な将来と注意点!

たかふみ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る

赤ちゃんの頃から赤ちゃんそれぞれに個人差が大きい毛量。

 

うちの子は毛が多い…少ない…

将来毛深くなるんじゃないだろうか。

はたまたハゲてしまうんじゃないだろうか。

 

なんて考えてしまうこと、ありますよね?

 

我が家の子供達はかなり薄毛、

特に長男は薄毛というより産まれた時には毛が皆無でした。

 

なかなか増えない髪の毛、

このままで大丈夫だろうかと悩んでいた一人です。

 

今回はそんな経験も踏まえて、

赤ちゃんの毛量についてお話ししていきますね!

 

スポンサーリンク

赤ちゃんに髪の毛が多い子と少ない子がいるのは何故?

 

個人差、個性!

遺伝と思われがちな髪の毛の量ですが、

遺伝が影響するのは大人になってからと言われているようなんです。

 

赤ちゃんだけではなく、

人は実際に口にしたもので身体や髪の毛が作られていますよね。

 

そのため、妊娠中にお母さんが摂取したものが影響

していないとも言えなさそうですよ。

 

しかし、そこまで神経質になる必要はなく、

あくまで “個人差、個性” の範囲内というようですね。

新生児の時に産院で並ぶ他の赤ちゃん、

街で見かける同じくらいの月齢の赤ちゃん。

 

うちの子はうちの子!と思いたい気持ちと、

やはり我が子の事は心配も絶えませんよね。

 

毛量ひとつをとっても、やっぱり他の子と違うと

どこか気にしてしまうのが正直なところ。

個人差!と割り切ってしまえると少し気が楽になりますよね。

 

髪の毛が多い赤ちゃんの将来

 

赤ちゃんの頃の毛量と将来の毛量は無関係

上にもあるように、遺伝が影響してくるのは、

大人になってからと言われてるんです。

 

髪の毛の多い赤ちゃんが特別毛深くなったり、

薄毛の赤ちゃんが大人になっても薄毛のまま…

という訳でもないようですね。少し安心してしまいました。

 

年齢を重ねるうちに生え変わり、髪質も変化していくようです。

 

0歳〜2.3歳頃

3歳頃〜12.3歳頃

14歳頃〜大人

 

と段階に分かれて髪質が変化していくと言われているようです。

生活環境によっても変化していくのでしょうね。

 

確かに私自身の事を思い返すと、小さい頃は毛が細く

どちらかと言えばサラサラな髪質でしたが、

大人になり剛毛ゴワゴワな髪質に変化してしまいました…

 

どちらにしても、赤ちゃんの頃の毛量と将来の毛量は

あまり関係がなさそうです。

やはり、赤ちゃんの頃の毛量は特に心配することはなさそうですね。

 

スポンサーリンク

髪の毛が多い赤ちゃんの注意点

 

あせもなどの皮膚トラブルに注意!

 

赤ちゃんの毛量自体には心配はいらない

ということが分かりましたが、髪の毛が多いことで

起こってしまいがちな肌トラブルへの対策は必要と言えますよね。

 

赤ちゃんは大人に比べると汗をかきやすく

眠くなってきたりすると頭部に熱を持つこともあります。

 

特に夏なんかは、着替えても着替えても汗びっしょり!

なんてことが毎日かと思います。

 

そうなると頭皮の肌トラブルや首などにあせもが

出来やすくなったりするんですよね。

 

知らず知らずのうちに掻いてしまい、傷が出来てしまうと

そこから菌が入り込み大きな病気に繋がることもないとは言い切れません。

 

侮ってはいけないのが、赤ちゃんの肌トラブルですよね。

髪の毛を切ったり、スッキリとまとめることで

予防出来るので、季節に合わせて髪型も対応出来るのが理想ですよね。

 

子供のヘアアレンジ動画です!

最初は難しいですが、慣れたら色々とアレンジ出来るようになり楽しいですよ。

 

まとめ

 

  • 赤ちゃんの髪の毛の量は個人差がある
  • 個性と捉えて心配しすぎる必要はなし!
  • 赤ちゃん時代の髪の毛の量と将来の髪の毛の量は無関係!
  • 毛量の遺伝は大人になってから
  • 成長するにつれて髪質や毛量は変化する
  • 髪の毛の多い赤ちゃんは肌トラブルに注意しよう!

 

今は可愛らしい赤ちゃん用のヘアアクセサリーも

多く販売されています。

 

特に女の子の場合、髪の毛が多いとヘアピンやゴムなどで

可愛くヘアアレンジが出来るので良い事も多いですよね。

 

反対に髪の毛の少ない赤ちゃんは、

まさに赤ちゃんらしいフォルムでベビー用の帽子なんかがよく似合ったりします。

 

髪型も赤ちゃんの個性を楽しめたら素敵ですよね。

 
おすすめ記事です↓↓↓
 
 
 
 
 
PS.
管理人のたかふみです。
 
20年間飲み続けた病院の薬が覚せい剤レベルでヤバいことを知りました。
ヤバいと思って健康について猛勉強したら、
日本にはウソの健康常識がはびこっていることが分かりました。
 
この事実、信じたくなかった...
でも本当だったんです。
 
例えば牛乳は飲んじゃダメ。
発ガン性や骨折のリスクがあるんです。
 
本当の健康情報について詳しくはメルマガの中で語っているので
良かったら登録していただければと思います。
 

★★★メルマガ登録はこちら★★★

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食事を変えると人生変わる , 2018 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status