今飲んでいる薬は本当に必要ですか?

旦那のいびきがうるさい!赤ちゃんとママを守る5つの改善法

たかふみ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る

産後のしんどい身体で、少しの物音で起きてしまう赤ちゃんの対応は

心身共に疲れますよね。

なるべく音を立てないように細心の注意を払って寝かしつけたところに

旦那の大いびき。頭にきますよね!!

私はこんなに気を遣っているのに自分だけぐっすり寝やがって

がママさんの本当の気持ちでしょう。

そこで今回は、旦那のいびきで赤ちゃんは起きるのか?

いびきを改善する5つの方法をご紹介します!

スポンサーリンク

旦那のいびきで赤ちゃんは起きるの?

生まれたばかりの赤ちゃんは、睡眠時間がまだ安定せず、

昼夜関係なく睡眠をとります。

1日に約16時間眠ると言われていますが、

眠ると言っても脳はうっすら起きていて、

その日の出来事を夢で見ながら脳で分析したり、

周りにいる人の気配を感じたりしているのです。

つまり、生まれたばかりの赤ちゃんは、元々睡眠が浅いので、

旦那さんが大きないびきをかいているからといって、

それが必ずしも赤ちゃんに影響するとは言い切れないのです。

それでも、23時間おきの授乳や夜泣きなどでお疲れのママさんは、

旦那さんのいびきで余計なストレスを溜めたくないですよね。

そこで、5つの改善策をご紹介します!

旦那のいびきを改善する5つの方法

そもそもいびきは、寝ている時に上気道が何らかの原因で狭くなると起こる

空気の振動音のことを言います。

つまり、上気道が狭くなっている事を改善すれば

旦那さんのいびきを抑えることができるのです!

枕を変える

枕が高すぎても低すぎても上気道を圧迫して、いびきの原因となってしまいます。

そこで、タオルを旦那さんの頭の下に置いて高さを見てみましょう。

タオルを折りたたんだり重ねたりして調節し、

寝ている姿勢で目線がまっすぐ前を向いた状態よりも

若干下に向かっている状態がベストな枕の高さです。

自分に合った枕が見つかると、いびきが抑えられるだけでなく、

旦那さん自身もぐっすり眠ることが出来るので、睡眠不足解消や、

仕事の集中力アップにもつながります。

これを機に、枕探しをするのも一つの方法です。

抱き枕をつかう

抱き枕を使うと自然に横向きに寝られるので、

上気道を塞がずに寝ることが出来ます。

もし抱き枕がない場合は、掛け布団を丸めて代用するだけでも

同じ効果が得られると思います。

旦那さんに鼻腔拡張テープを貼る

今はいびき対策グッズがドラッグストアなどで簡単に手に入りますよね。

病院に行く手間も省けるので、枕の高さを調節するまでしなくてもいいかな、

という方や、仕事で忙しくて病院に行けないという旦那さんにも

気軽に試してもらえます。

別室に寝てみる

旦那さんのいびきを違う形で回避したい方は、

思い切って別室で寝てみましょう。

最初は赤ちゃんと2人きりで心配かもしれませんが、

いびきに対するイライラと、赤ちゃんがいつ起きるかという不安から解放され、

ママさんの気持ちも楽になるかもしれません。

お医者さんに相談する。

たかがいびき、されどいびき。

いびきには恐ろしい病気がかくれている可能性もあります。

・睡眠時無呼吸症候群

・脳梗塞

・脳腫瘍

・舌がん

このほか、花粉症や鼻づまり、肥満、扁桃腺肥大などの原因もありますが、

あまりにもいびきがひどい場合はお医者さんに相談してみて下さい。

スポンサーリンク

まとめ

・旦那さんのいびきだけが、赤ちゃんの睡眠を妨げている原因ではない。

・いびきとは、寝ている時に上気道が何らかの原因で狭くなると起こる空気の振動音のこと。

・いびきを改善する方法

  1. 枕を変える
  2. 抱き枕を使う
  3. 旦那さんに鼻腔拡張テープを貼る
  4. 別室に寝てみる
  5. お医者さんに相談する。

旦那さんのいびきを見直すことは健康チェックにもなりますし、赤ちゃんとママさんのストレスを減らす事ができます。旦那さんのいびきがうるさいとお困りの方はぜひ試して見て下さいね。

 
おすすめ記事です↓↓↓
 
 
 
 
 
PS.
管理人のたかふみです。
 
20年間飲み続けた病院の薬が覚せい剤レベルでヤバいことを知りました。
ヤバいと思って健康について猛勉強したら、
日本にはウソの健康常識がはびこっていることが分かりました。
 
この事実、信じたくなかった...
でも本当だったんです。
 
例えば牛乳は飲んじゃダメ。
発ガン性や骨折のリスクがあるんです。
 
本当の健康情報について詳しくはメルマガの中で語っているので
良かったら登録していただければと思います。
 

★★★メルマガ登録はこちら★★★

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食事を変えると人生変わる , 2018 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status