今飲んでいる薬は本当に必要ですか?

頭皮のかさぶたをはがすのが楽しいと感じる人はすぐやめて!その理由は?

たかふみ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る

頭皮にかさぶたが出来た時、

ついつい剥がしてしまって血が出た!

 

それを何度も何度も繰り返す・・・。

そんな経験ありませんか?

 

頭でなくても、手や足のかさぶたを繰り返し、

剥がしてしまうこともあるでしょう。

 

この行動はすぐにやめてください!

 

エスカレートすると

大変なことになる可能性があるんです!

 

今回は、その理由ややめる方法について紹介します。

 

スポンサーリンク

頭のかさぶた剥がしをやめないといけない理由は、皮膚むしり症になるから!

 

なかなかやめられないかさぶた剥がし。

実は皮膚むしり症の前兆かもしれません!

 

その名の通りといった感じですが、

この病気は精神疾患です。

 

皮膚を引っかいたり、

むしったりする行為を繰り返す病気です。

 

部位としては、顔や手が一般的だといわれています。

 

しかも、手で引っかいたりむしるだけでなく、

なんとピンセットなどの道具を使って

自分を傷つけてしまう人がいるんだとか!

 

恐ろしいですよね~。

 

この記事を書いているだけで、

顔や手足がむずむずしてきます。

 

この病気、実は引っかいたりむしったりすることを

楽しんでいるわけではないんです。

 

やめようと思ってもやめられない!

と感じているんです。

 

頭皮のかさぶたを剥がすのが楽しい

と思っているそこのあなた、

血が出たりすると後悔していませんか?

 

心の底から楽しんでやっているわけじゃない!

でもやめられない。

 

こんな心情ではないかと思います。

 

皮膚むしり症は、

強迫性障害(強迫観念と強迫行為の繰り返し)

というものに分類されます。

 

強迫観念とは、

自分の意思とは違って何度も襲ってくる不快なものです。

 

強迫行為とは、

「〇〇せずにはいられない!」と行為に及んでしまうことです。

 

考えただけでも辛いですよね。

 

では、どんな人がなりやすいかといいますと、

最も多いのは青年期の女性です!

 

そしてビックリなのが、

ストレスが大きすぎて発症するというわけではないんです!

 

ストレスがない時に発症することが多いんだとか・・・。

治療は薬物療法と心理療法で行われます。

 

このお話を聞くと、

「じゃぁどうすればいいんだ~!」と困ってしまいますね。

 

ただ、全てがこの精神疾患につながるというわけではないので、

安心してくださいと言いたいところですが、

そういうわけにはいきません!

 

他にもあなたへの影響が出てくるんですよ!

 

かさぶたを剥がしてしまうことによって出てくる影響は、

・傷がいつまでたっても治らない

・繰り返し剥がすことで跡になってしまう

・手に付着していた細菌に感染して炎症がひどくなる

このような影響があります。

 

跡になったところからは、

毛髪が生えなくなってしまうリスクもありますから、

見た目の面でも大ダメージを受けるかもしれません!

 

今すぐにかさぶた剥がしはやめてくださいね!

 

かさぶたを剥がす癖をやめるためにできることは2つ!

 

かさぶたを剥がす癖をやめるために

できることは、2つあります。

 

1つ目は、かさぶたを剥がす回数を減らすことです。

しかも一気にではなく徐々にです!

 

一気にやめるとストレスが莫大に溜まってしまいますが、

徐々に回数を減らすことで

「かさぶたを剥がしたい!」

という衝動やストレスを減らすことができ、

我慢できるようになります。

 

一気にやめる方が良いと

思っていましたが、意外ですよね~!

 

2つ目は、かさぶたを触る代わりになる

新しい仕草を発見することです。

 

例えば、頭に手がいきそうになってしまったら

手をギュッと握るというのが良いと思います。

 

頭に手がいかないようにすれば、

かさぶたを剥がすこともないですからね。

 

あとは、深呼吸をするというのも良いでしょう。

 

これは禁煙にも使われる技なので、

結構効果があると思いますよ。

 

私も子供の頃に、足のかさぶたを剥がすのにハマッていましたが、

親に「やめなさい!」と怒られながら、

徐々に治していった記憶があります。

 

その時も、かさぶたを剥がす代わりの

行動をしていたような記憶があります。

 

子供の頃のことなのでしっかりとは覚えていませんが、

何か他に楽しい遊びを見つけて、

代替行動を取っていたような気がします。

 

かさぶたを剥がさないようにしたのに、

なかなか皮膚がよくならない場合は、

他の病気が潜んでいるかもしれませんので、皮膚科を受診しましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

とにかく頭皮にかさぶたが出来ていても

剥がすクセはやめましょう!

 

頭皮だけでなく手や足もダメです!

 

「あ~無意識にかさぶた剥がしちゃってる。」と自覚がある人は、

やめるための行動をとってみてくださいね。

 

必ずやめられますよ!

 
おすすめ記事です↓↓↓
 
 
 
 
 
PS.
管理人のたかふみです。
 
20年間飲み続けた病院の薬が覚せい剤レベルでヤバいことを知りました。
ヤバいと思って健康について猛勉強したら、
日本にはウソの健康常識がはびこっていることが分かりました。
 
この事実、信じたくなかった...
でも本当だったんです。
 
例えば牛乳は飲んじゃダメ。
発ガン性や骨折のリスクがあるんです。
 
本当の健康情報について詳しくはメルマガの中で語っているので
良かったら登録していただければと思います。
 

★★★メルマガ登録はこちら★★★

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食事を変えると人生変わる , 2019 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status