今飲んでいる薬は本当に必要ですか?

新生児期に暖房はつけっぱなしでもいいの?!赤ちゃんに快適な温度は?

たかふみ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る

寒さの厳しい冬。寒暖差が激しく風邪やインフルエンザなどの

病気もしやすくなってしまう季節でもありますよね。

 

とくに生まれたての赤ちゃんは体温調節機能がまだまだ未熟なもの。

パパやママは寒くないかな?風邪引かないかな?なんて心配ですよね。

 

そんな時期には暖房をうまく使って快適な空間をつくりましょう!

 

スポンサーリンク

赤ちゃんにとって快適な温度とは?!

 

では赤ちゃんにとって快適な温度とはどのくらいの温度なのでしょうか?

 

大人と新生児の赤ちゃんでは快適な温度が異なるため、

大人が適温だからといって赤ちゃんにとっても適温とは限りません。

 

赤ちゃんは体温の平均が36.5〜37.5℃くらいで大人より少し高めです。

そのため、赤ちゃんに合わせて設定する暖房の温度は

20〜23℃くらいがちょうどいいです。

 

しかし、暖房の効きだったり、赤ちゃんの格好だったりで多少変わるので、

適宜寒くないか、暑すぎないか様子を見てあげましょう。

 

暖房はつけっぱなしでもいい?

赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので気温とともに体温も変化します。

そのため、寒い冬には大人よりも体温が下がりやすいのです。

なので、夜中寝ている間に体温が下がっていないか心配になりますよね。

そこで、出てくるのが“暖房はつけっぱなしで寝てもいいの?”という疑問。

 

室温が下がりやすく、赤ちゃんにとって快適な温度より

明らかに室温が下がってしまう場合にはつけっぱなしにしてもいいと思います。

 

しかし、布団やパジャマなど着ているものが多かったりすると

体温が上がりすぎてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

暖房をつけっぱなしにすると、夜間授乳のために起きた時も寒さが和らぎますし、

ミルクなどを作って飲ませたりするにも寒すぎるとママ・パパもただでさえ

頻回に起きなければならない時期に辛さが増してしまいますよね。

 

しかし、暖房器具の種類を選ばなければなりません。

 

・つけっぱなしで大丈夫な暖房器具

  • エアコン
  • オイルヒーター
  • 床暖房

 

床暖房は直接その上にベビー布団を敷いて寝かせたりすると

低温やけどなど起こす可能性があるので、ベビーベッドなどを利用しましょう。

 

・つけっぱなしにすると危険な暖房器具

  • ストーブ
  • ガスファンヒーター

 

火がついてしまったり、換気が必要となるなど寝ている間に

長時間つけっぱなしにするには向きません。

日中換気など行いながら適切に使用しましょう。

 

赤ちゃんの寝るときの格好(秋、冬)についての動画です。

参考にして着せてあげるといいと思います。

 

スポンサーリンク

使用するときのポイントってなに?

 

暖房をつけて寝るということは暖房器具を使用している間

ママやパパは赤ちゃんにつきっきりではいられないということ。

 

だから暖房を使う際には火傷をしたり脱水を起こしたりしないよう

安全なのかを考える必要があります。

 

換気をする

 

換気をすると寒くなるからしたくない!という気持ちはわかります。

でも時々空気を入れ替えてあげましょう。

 

夜中だけでなく日中も定期的に行うようにしましょう。

とくにファンヒーターやガスヒーターなどは室内に排気ガスがたまり

一酸化炭素中毒を起こす可能性もあります。

 

そのため少なくとも2時間に1回、10分程度は換気をしてあげましょう。

その際には赤ちゃんが寒くないように掛物で調節してあげましょう。

 

加湿する

 

暖房器具を使用すると空気が乾燥しますよね。

空気が乾燥すると喉がイガイガしてきて痛くなったり

咳が出るようになったり‥きっと多くの人が経験があると思います。

肌も乾燥しやすくなるし、つらいですよね。

 

また、赤ちゃんの中にはこのような

乾燥した空気が不快で泣いてしまう子もいます。

 

なので、暖房器具を使用する際には加湿を行いましょう。

 

加湿器を使うのが有効です。

また、洗濯物を室内に干すことで加湿することもできます。

このように工夫して空気の乾燥を防ぎましょう!

 

こまめに赤ちゃんの様子を見ましょう

 

室温、湿度が赤ちゃんにとって快適な温度といわれる温度に保たれていたとしても

そのときの赤ちゃんの体調、きているものによっては不快な場合もあります。

 

一番大事なのは体が冷えていないか、

逆に暑くて汗をたくさんかいてしまっていないか

きちんと赤ちゃんに触れて確認すること。

 

授乳やおむつ交換などスキンシップがとれるときに確認してあげましょう。

 

とくに体幹(お腹や背中)が熱かったり冷たかったりしないか確認していきましょう。

 

まとめ

 

新生児期にも暖房はつけっばなしにしても大丈夫です。

しかし、暖房器具や注意事項をしっかり守りましょう。

 

寒さだけでなく暑さにも弱い赤ちゃん。

しっかりと赤ちゃんの体に触れて適温か確認しましょう。

 

 
おすすめ記事です↓↓↓
 
 
 
 
 
PS.
管理人のたかふみです。
 
20年間飲み続けた病院の薬が覚せい剤レベルでヤバいことを知りました。
ヤバいと思って健康について猛勉強したら、
日本にはウソの健康常識がはびこっていることが分かりました。
 
この事実、信じたくなかった...
でも本当だったんです。
 
例えば牛乳は飲んじゃダメ。
発ガン性や骨折のリスクがあるんです。
 
本当の健康情報について詳しくはメルマガの中で語っているので
良かったら登録していただければと思います。
 

★★★メルマガ登録はこちら★★★

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食事を変えると人生変わる , 2018 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status