今飲んでいる薬は本当に必要ですか?

クリスマスはいつ祝う!?クリスマスの本当の意味とは?

たかふみ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る

クリスマスといえば12月のメインイベント!

 

街やお店にツリーやイルミネーションが飾られると、なんだかわくわくしますね。

 

でも、クリスマスっていつ祝うのが正解なんだろう、

そもそもクリスマスってなに?と疑問に思ったことはありませんか?

 

今回はクリスマスについて、あれこれ探ってみようと思います!

 

スポンサーリンク

本来、クリスマスは24日の日没から始まる

クリスマスはいつ祝うのが良いのでしょうか。

 

日本のクリスマスは、多くの方が、12月24日・25日に焦点を当ててお祝いをすると思います。

 

クリスマスが平日だと、その前の土日などに行う方も多いようですね。

 

でも本当のクリスマスは、「24日の日没から25日の日没まで」です。

 

これは、クリスマスという日が決められた時の暦が

「日没からが一日の始まり」とされていたからだそうです。

 

なるべく正確にお祝いをしたいという方は、

「24日の日没から25日の日没まで」を試して見て下さいね。

 

クリスマスの本当の意味はキリストの降誕を祝う日

クリスマスといえば、

「プレゼントが貰えて、ケーキが食べられて、恋人や家族と過ごす特別な日!」

というイメージをもっている方も多いのでは。

 

しかし、海外では、クリスマスに対する根本的な認識も過ごし方も全く違うのです!

 

そもそもクリスマスは、「イエス・キリストの降誕を感謝する日」として、

キリスト教徒の人々に大切にされてきました。

 

24日の夕方と25日の朝に祈りを捧げる事がメインで、

無事にクリスマスを終えたことを祝う為に25日の夜にパーティをするというところもあります。

 

イエス・キリストの誕生日だと思っていた方も多いと思いますが、実は違ったんですね!

 

土地や風習によって、祝い方は様々ですが、本来のクリスマスは

日本で考えられているよりも厳かで、宗教的なイメージがとても強いのです。

 

日本にクリスマスの文化が入ってきたのは、ペリー来航の時代からとか

戦後とか諸説ありますが、今のような形になったのは、ズバリ!企業の商業戦略の結果です。

 

クリスマスツリーも、ケーキも、ケンタッキーも、

プレゼントも何もかも、お店の戦略だったのですね・・・!

 

商業戦略の結果か・・・と思うとなんだか現実的でムードも何もないですが、

そんな努力の結果で、「クリスマス=特別な日」と、古くから親しまれてきたのは、

ある意味すごいな!と感心してしまいます。

 

無宗教の私ですが、やっぱりクリスマスってなんだかわくわくするし、

プレゼント交換をしたりケーキが食べられたり、楽しいイメージがあります。

 

真面目な日本人にはこんな発想はなかったかも!

こんな日が1年に1回あって良かったなぁ~とつくづく思います。

 

文化的な要素は知らなくても、人々を幸せな気持ちにしてくれる

クリスマス(イエス・キリストの降誕を祝う日)はスゴイですね!

 

スポンサーリンク

欧米のクリスマスの過ごし方は?

日本のクリスマスは、日本独自の文化であることがわかりました。

 

では、欧米諸国のクリスマスはどのような過ごし方をしているのでしょうか。

 

日本では、クリスマスツリーは12月初旬頃に出して、

クリスマスが終わったら片付けるところが多いですが、欧米では

11月中旬頃からクリスマスの準備を始め、クリスマスが終わったあと(1月中)も

クリスマスツリーを飾っていることが多いようです。

 

クリスマスツリーは本物のもみの木で、親戚や家族と過ごすことが主流、

大人数でパーティをするところもあります。

 

子ども達のプレゼントは、クリスマスツリーの下に並べられ

サンタさん以外からも多くのプレゼントをもらい、

25日に一気に開封するそうです。(なんとも羨ましい・・・!)

 

食事は、ビーフ・ハム・七面鳥などを食べます。

 

ザッと挙げただけでも、日本の過ごし方とはこんなに違うのですね。

 

我が家もいつかは、本物のもみの木でクリスマスをお祝いしてみたいです!

 

まとめ

 

  • クリスマスは「24日の日没から25日の日没まで」に祝うのが正しい。
  • 日本人は12月24日・25日に近い土日に祝う事もある。
  • クリスマスは、イエス・キリストの降誕を祝う日で、イエス・キリストの誕生日ではない。
  • 日本のクリスマスが今の形になったのは、商業戦略の結果である。
  • 欧米ではクリスマスが終わっても1月中はツリーを飾っている。
  • クリスマスツリーは本物のもみの木で、親戚や家族と過ごす事が主流。

 

クリスマスって意外と奥深いんですね・・・!

 

今年は家族そろってクリスマスが迎えられる喜びと、

感謝の気持ちを忘れないように過ごしたいと思います!

 

皆さんにとっても素敵な日になりますように。

 
おすすめ記事です↓↓↓
 
 
 
 
 
PS.
管理人のたかふみです。
 
20年間飲み続けた病院の薬が覚せい剤レベルでヤバいことを知りました。
ヤバいと思って健康について猛勉強したら、
日本にはウソの健康常識がはびこっていることが分かりました。
 
この事実、信じたくなかった...
でも本当だったんです。
 
例えば牛乳は飲んじゃダメ。
発ガン性や骨折のリスクがあるんです。
 
本当の健康情報について詳しくはメルマガの中で語っているので
良かったら登録していただければと思います。
 

★★★メルマガ登録はこちら★★★

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食事を変えると人生変わる , 2018 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status