今飲んでいる薬は本当に必要ですか?

一人暮らしは野菜が不足しがち!健康のために簡単に野菜がとれる方法

たかふみ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る

一人暮らしで大変な事の一つが、バランスの良い食生活だと思います。

私も、10年ほど一人暮らしをしていましたが、

食事のメニューを考えるのが、本当に面倒くさかったです!

 

毎日毎日、一人分の食事なんて、いちいち用意していられませんよね。

ランチョンマットを敷いて、一汁三菜がバランスよく並んでいる図なんて、

ドラマの中だけだと開き直っていました。

 

でも、やはり、健康を考えると、野菜はできるだけとりたいものです。

野菜が不足すると、健康面でも色々と、支障が出て来てしまうんです。

 

どうすれば、効率よく野菜が摂れるのか

一人暮らしにぴったりの、簡単な方法があるんですよ!

 

スポンサーリンク

こうすれば簡単に野菜が摂れる

 

 

一人暮らしにおススメの野菜メニューは、

 

・野菜スープやミネストローネ

・冬だと一人鍋

・蒸し野菜

 

などです。

 

スープものだと、2、3日は保存ができますし、

ご飯を入れてリゾット風にしたり、パスタを入れてもいいですね。

週末など、時間に余裕のあるときに作っておけば、楽ちんです。

 

一人鍋は温まるので、冬にぴったりですよ。

蒸し野菜は、シリコンスチーマーを使えば、

電子レンジで簡単に出来るので、お手軽ですね。

 

ただ、色んな野菜を少しずつ買うのは、コストがかかってしまいますよね。

そんなに野菜にお金はかけられない!という時に、おススメの方法は、

 

・葉物野菜は、冷凍ものを買う

・日持ちのする根菜を買い置きする

・すぐ使うなら、カット野菜もOK

 

私は、冷凍野菜をよく使っていました。

ブロッコリーや葱、ほうれん草やさやいんげんなど、色々ありますね。

 

あと、葉物野菜って、すぐに傷んでしまうから、

一人暮らしだと使い勝手が悪いですよね。

 

だから、ほうれん草なんかが安いときには、多めに買って、

ゆでて小分けにして、冷凍していました。

冷凍方法は、便利ですよ!

 

どうして一人暮らしは野菜が不足してしまうのか

 

 

どうして、一人暮らしだと、野菜不足になってしまうのでしょうか。

それはズバリ!品数をたくさん用意できないからなのです!

 

実家だと、主菜、副菜、汁物、など色々な品が並びますよね。

それは、それなりに人数がいるから、出来るのです。

 

一人暮らしだと、そんなことをすれば、

用意するのも手間がかかるし、何より高コストです!

 

だからついつい、カレーやシチュー、丼物、ラーメンやパスタなど、

単品の食事になりがちなのです。

 

私もよく、「納豆は野菜だ」と自分に言い聞かせて、

納豆ご飯だけ、なんて日もよくありました。

 

単品だと、一気に肉も野菜もとれるじゃないか、と思うかもしれません。

でもやはり、これだと野菜の量は不十分なのです。

忙しい時は、せめて野菜ジュースだけでも、飲むようにしたいですね。

 

スポンサーリンク

野菜が不足するとこんなことに

 

 

野菜は、一日に約350グラムを摂るように、すすめられています。

でも、実際に、毎日これだけ食べるのは、なかなか難しいものです。

 

それでは、野菜が不足した場合、体にはどういうことが起こるのでしょうか。

 

・肌荒れ

・免疫力の低下

・アレルギー症状の悪化

・生活習慣病に繋がる可能性もあり

 

などなど、ちょっと怖くなってしまいますよね。

 

肌荒れは、美容面だけでなく、かゆみや痛みが出ることもあります。

免疫力が低下すると、風邪もひきやすくなりますし、

冬にはインフルエンザも怖いですよね。

 

アレルギー症状というと、花粉症も含まれますので、

春がかなりつらくなります。

 

そして、野菜が不足するということは、

日頃の食生活で健康を意識しなくなってしまうので、

不摂生に繋がり、やがては、

 

・糖尿病

・高血圧

・がん

・脳卒中

・心臓病

 

などを引き起こしてしまいかねません。

私の夫は、結婚するまで、男の一人暮らしが長かったのですが、

好きな時に好きな物を、好きなだけ食べる、という生活でした。

 

年齢を重ねてくると、当時の不摂生が今になってたたったのか、

健康診断を受けるたびに、肝臓で引っかかってしまうようになりました。

 

今からでも遅くありません!

出来る範囲で、野菜を取るようにしましょうね。

 

まとめ

 

・一人暮らしで野菜を摂るなら、スープや鍋、蒸し野菜などのメニューが簡単。コストや手間をかけたくなければ、冷凍野菜や根菜を買い置きするのもおススメ

・一人暮らしだと、どうしても単品メニューに偏りがちなので、野菜が不足してしまう

・野菜不足は、健康を害してしまう原因になり、生活習慣病を引き起こす可能性もある

 

野菜不足を補うには、

野菜ジュースやサプリメントを使うという方法もあります。

ただし、これらにばかり頼るのはよくありません。

 

やはり、野菜の栄養は、直接野菜から摂るのがベストです。

ライフスタイルに合った方法で、野菜を積極的にとるようにしたいですね。

 

 
おすすめ記事です↓↓↓
 
 
 
 
 
PS.
管理人のたかふみです。
 
20年間飲み続けた病院の薬が覚せい剤レベルでヤバいことを知りました。
ヤバいと思って健康について猛勉強したら、
日本にはウソの健康常識がはびこっていることが分かりました。
 
この事実、信じたくなかった...
でも本当だったんです。
 
例えば牛乳は飲んじゃダメ。
発ガン性や骨折のリスクがあるんです。
 
本当の健康情報について詳しくはメルマガの中で語っているので
良かったら登録していただければと思います。
 

★★★メルマガ登録はこちら★★★

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食事を変えると人生変わる , 2018 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status