今飲んでいる薬は本当に必要ですか?

かさぶたをはがすタイミングは?傷がキレイに治る湿潤方法って何?

たかふみ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る

ケガをした後にできるかさぶた

 

傷の治りがけになると

かゆくなってきて、うずうず・・・。

 

ついつい剥がしてしまいますよね!

 

そして、また

血が出てしまったかさぶたが出来て、またまた剥がす。

 

ですが、何度も繰り返してしまうと

はがし跡が汚くなってしまいます!

 

かさぶたを剥がすタイミングは

いつが良いのでしょうか?

 

また、はがし跡を汚くせずに

治す方法って何でしょう?

 

スポンサーリンク

かさぶたは剥がしてはいけない!

 

実はかさぶた剥がしてはいけません。

 

かさぶたを剥がすことによって

見た目が汚くなるのはもちろん、

剥がすことで痛みを伴います!

 

私も子供の頃かさぶたを剥がすのが大好きで、

よく転んではかさぶたが早くできないか

ワクワクしていました!

 

子供の頃ってすぐに剥がしたくなっちゃって、

まだ完成されてないのに剥がして

痛い思いをしちゃうんですよね~!

 

自分だけが痛い思いをするならまだしも、

実はもっと恐ろしい理由があるんです!

 

かさぶたを剥がすことで、

また傷口がむき出しになってしまいますよね?

 

そこから菌が侵入して、

感染症にかかる可能性があるんです!

 

この感染症を甘く見てはいけません!!

 

抵抗力の低い人だと熱が出てしまったり、

ひどい時には命の危険だってあるんです!

 

甘く見ていると

大変なことになっちゃいますよ~!

 

そもそもかさぶたというのは、

傷が治るまでの段階にできるものです。

 

ケガをして出血した血が固まって、

血液中の成分から作られます。

 

血液がただ固まったものというわけではなく、

細胞成分フィブリンという成分から出来ています。

 

かさぶたの下にある表皮がしっかり作られるまで、

傷口を守っています。

 

役目が終わると自然と剥がれ落ちます。

 

それまでは、表皮が出来ていない

ということになりますので、

無理矢理剥がしてはいけません!

 

かさぶたを剥がしたいストレスを避けるには湿潤療法がいい!傷跡もキレイに!

 

分かっちゃいるけど、

剥がさずにはいられない!

剥がさないとイライラする!

 

というあなたには、

湿潤療法をオススメします。

 

これはかさぶたを最初から作らない方法です。

 

かさぶたを作らないので、剥がすこともなく

傷跡もキレイに保つことができます。

 

方法はとっても簡単です!

①傷口を流水でしっかり洗う

ワセリンを塗る

➂絆創膏を貼る

これだけです。

 

「え!?傷口って乾かなくていいの?」とか

「消毒しなくていいの?」とか

色々疑問が出てきますよね?

 

実はその認識は古いです!

 

私は看護師ですが、

今の医療でそんな方法を取っていたら

「ちゃんと勉強していないだろ!」

と怒られるレベルです。

 

今は潤いを保つことが大切だとされています!

 

そしてなんでもかんでも

薬箱に入っている薬を付けてはいけません。

 

それはもしかしたら、

皮膚のアレルギーや、炎症原因になるのでは

と疑われている方法です。

 

ワセリンのように

薬効のないもので潤すだけで大丈夫です!

 

ちなみにワセリンは薬局に

「白色ワセリン」という名前で売っています。

 

肌の保湿リップパックにも使えるので、

一つ持っておくと便利ですよ!

 

女性の場合は、

生理の時の皮膚かぶれなんかにも使えます。

 

私も1本持っています。

スポンサーリンク

まとめ

 

かさぶたはそもそも剥がしてはいけない

・かさぶたが自然に剥がれるのは、新しい表皮が出来た証拠

・オススメはかさぶたを作らない湿潤療法

 

かさぶたは本当にストレスの元ですから、

湿潤療法を知っていれば

傷の治りはキレイになるし安心ですね!

 

湿潤療法のためにワセリンを買うのが

めんどくさいからといって、

かさぶたに直接絆創膏を貼るのはダメですよ!

 

これをしてしまうと、絆創膏を剥がす時に

一緒にかさぶたがくっ付いてしまって、

結局自分でかさぶたを剥がすのと同じになってしまいます!

 

めんどくさがらずに湿潤療法を試してみてくださいね!

 
おすすめ記事です↓↓↓
 
 
 
 
 
PS.
管理人のたかふみです。
 
20年間飲み続けた病院の薬が覚せい剤レベルでヤバいことを知りました。
ヤバいと思って健康について猛勉強したら、
日本にはウソの健康常識がはびこっていることが分かりました。
 
この事実、信じたくなかった...
でも本当だったんです。
 
例えば牛乳は飲んじゃダメ。
発ガン性や骨折のリスクがあるんです。
 
本当の健康情報について詳しくはメルマガの中で語っているので
良かったら登録していただければと思います。
 

★★★メルマガ登録はこちら★★★

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食事を変えると人生変わる , 2018 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status