今飲んでいる薬は本当に必要ですか?

暑さ対策にエアコンは必須なの?冷房なしでも快適に過ごす超簡単な方法

たかふみ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る

40度を超えることも珍しくない日本の夏

暑いだけでなく湿気もあって、体感温度の暑さは倍増するので

気分もげんなりしてきますよね。

 

なので夏はエアコンは欠かせないご家庭が多いかと思います。

我が家では、子どもが産まれるまでは暑がり汗かき夫の強い要望で、

ほぼ毎日冷房を使用していました。

 

こっそり温度を上げてはこっそり下げられるという攻防の繰り返し。

そんな夫は「暑い暑い」と言いながらも体はひんやりと冷たかったのです。

 

しかし子どもが産まれてから、

二人で「これではいけない」と冷房生活を見直したところ、

会社、家で常時冷房に当たっていた夫はよく鼻かぜをひいていましたが

今ではほとんどありません!そして体も温かい。笑

 

またエアコンなしとまではいかないものの、使用を控えたことで、

控える前の年と比べて1000円近く電気代が減りましたよ!

 

「子どものため」という部分は大きいですが、

どうやって我が家は暑さを乗り切っているのか?

その秘密をお伝えします!

 

スポンサーリンク

夏に冷房に当たりすぎると体に異変が!?

冷房と体調不良の関係を知ると知らないとでは違います。

まずはここをしっかり意識してくださいね。

 

人間の体の「暑さ寒さ」の調節は『自律神経』

というものが行っています。

 

自律神経には『交感神経』と『副交感神経』がありバランスをとっています。

・交感神経が強いと血管が縮まり、血の流れが悪くなって手足が冷たくなる

・副交感神経が強いと血管が広がって血の流れが良くなり手足が温かくなる

 

人間の体は暑さや寒さを感じると、

自律神経が体温を調節しようとするのですが、

エアコンに当たりすぎる、

またはエアコンのある場所とない場所を行き来することで

自律神経の調子がおかしくなってきます。

 

自律神経の調子がおかしくなるとどのようなことが起こるかというと、

・だるい

・頭痛

・肩こり

・不眠(反対に常に眠気を感じることも)

・冷え

・イライラ

・月経不順

・肌荒れ

・やる気が起きない

など、さまざまな体調不良が…!

 

冷房はお部屋全体を涼しくしてくれますが、

温度や強さを間違えると思わぬ体調不良を招くことになります。

 

最近は男性でも冷え性や、エアコンの温度を下げても涼しくないと

感じる方が増えているようです。

もしかして自律神経の調子がおかしくなっているのかもしれません。

 

冷房の基本温度は28度と言われていますが、

使用するときは外との温度差が5度以内になるようにしてくださいね。

 

冷房なし生活で涼しくする方法3選!

我が家が実践した、冷房無しで暑さ対策をどのようにしたかというと…

 

①食べ物で冷やす

基本的に、夏が旬または暑い地域の食べ物は体を冷やし、

冬が旬または寒い地域の食べ物は体を温めてくれます。

よくできていますよね~。

 

夏の食べ物はレタス、キュウリ、ナス、ゴーヤ、トマト、

バナナ、キウイ、レモン、スイカなどがあります。

そのほか塩、酢、豚肉、緑茶などがあります。

 

アイスという手もありますが、

白砂糖が多く含まれているので気を付けてくださいね。

 

②グッズを活用する

・うちわ

王道ですね!水うちわというものもあって涼しいですよ。

・冷感グッズ

種類も多くありますね!

ひんやりするスカーフ、タオル、衣類、冷却材、スプレーなど。

ただし、やりすぎは禁物です!

 

③環境を工夫する

・打ち水

・青系のインテリアを置く

・すだれやよしずを置く

・扇風機を使って家の中に風の通り道を作る

扇風機を使った風の通り道は思ったより効果があり、

涼しいです!窓と扇風機の位置関係をいろいろ試すといいですね。

 

番外編として…

・ヨガや座禅で精神統一

・ホラー映画を見る

 

スポンサーリンク

まとめ

1.冷房の当たりすぎは体調不良の原因になる

2.涼しくするためには食べ物、グッズ、環境を活用、工夫する

 

すでに知っている、実践しているという方も多いかと思います。

実は一番大事なことは、「冷房に当たりすぎることで体にどんなことが起きるか

理解しておくことなんです。

 

理解しないまま冷房なし生活をしようとすると

暑さに負けてしまいやすくなります。

 

大事な体のことなのでしっかり理解して実践してくださいね!

また「冷房を絶対使わない!」のではなく上手に活用してくださいね!

 
おすすめ記事です↓↓↓
 
 
 
 
 
PS.
管理人のたかふみです。
 
20年間飲み続けた病院の薬が覚せい剤レベルでヤバいことを知りました。
ヤバいと思って健康について猛勉強したら、
日本にはウソの健康常識がはびこっていることが分かりました。
 
この事実、信じたくなかった...
でも本当だったんです。
 
例えば牛乳は飲んじゃダメ。
発ガン性や骨折のリスクがあるんです。
 
本当の健康情報について詳しくはメルマガの中で語っているので
良かったら登録していただければと思います。
 

★★★メルマガ登録はこちら★★★

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食事を変えると人生変わる , 2018 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status